宿泊予約

お知らせ

2016.12.17

わらび野コラム第1回 スノーモンキー

  • 地獄谷野猿公苑 スノーモンキー

    長野の冬は寒く険しいですが、実は見どころも数多くあるのです。
    今回はそんな見どころの一つ、「スノーモンキー」をご紹介いたします。
    「スノーモンキー」とは、地獄谷野猿公苑付近に生息するサルたちのことです。
    彼らは温泉に浸かることで世界的にも有名です。

    サルは熱帯域や温帯域など、暖かい地域に生息している動物です。
    しかしニホンザルは世界的にみると珍しい、積雪地域にも生息するサルなのです。
    ニホンザルの英名は「snow monkey」と言い、いかに雪国のサルが珍しいのかが、うかがい知れます。

    「スノーモンキー」を目当てに来る海外からの観光客も非常に多く、来場者の半数以上が外国人の日もあるそうです。
    海外においてサルはジャングルの生き物のイメージがあるため、雪とサルとの組合せは”How amazing!”なのです。

    家族や仲間と温泉に浸かるサルのその姿やしぐさは、とても愛くるしく人間味に溢れています。
    その光景は、今にも人間のような会話が聞こえてきそうな様子です。
    癒しの場、そして交流の場でもある温泉の役割は、サルにとっても変わらないようです。
    YouTubeに動画もありますので、ほほえましく安らぎに満ちた光景を一度ご覧になって下さい。
    https://www.youtube.com/watch?v=txDR1y1drl0

    わらび野最寄りの須坂駅から、地獄谷野猿公苑最寄りの湯田中駅までは特急電車で30分です。
    日帰りでも楽々訪問できるので、旅館わらび野にご宿泊の際には、足を運んでみてはいかがでしょうか。